まだ、小学生にはネット塾は早うんじゃない?

そう思っている方も多くおられるでしょう。

では、本当に小学生にはネット塾は早いのか?

ネット塾を体験された方の、悪い口コミからわかる真相についてお話します。


<目次>

・小学生でネット塾を始められた方の悪い口コミ

・小学生のネット塾の悪い口コミからわかる真相!

・ネット塾の賢い授業の受け方について!

 

小学生でネット塾を始められた方の悪い口コミ

小学生で、ネット塾を始められた方の、悪い口コミについてお話します。

【スタディサプリの悪い口コミ】
・小学生4年なって、少し勉強も難しくなると聞いていたので、この機会にと思い、スタディサプリというネット塾をやらせることにしました。しかし、ネット塾は、自分で計画を立て、何をするのかを、自分で決めないと出来ません。小学4年生では、まだ、そこまでできないと思ったので辞めました。(主婦 38歳)


【デキタス】

・とりあえずネット塾をと思って、タブレットを使った教材で使いやすいと思ってデキタスをえらびました。キャラクターなどをふんだんに使った授業教材なので、小学生には良いかと思っていました。しかし、1か月過ぎた頃からか、あまり面白くないといってやらなくなりました。うちの子は飽き性だから駄目なんでしょうね。


【ワオティーチャー】

・個別指導が売りですが、個人の学生などがネット回線を使って、自宅でやり取りしながら教えるので、先生のレベルのバラつきがあります。我が家も、小学6年の女の子がやってっましたが、先生との相性が悪く辞めました。受講料の割にイマイチイマイチでした。

以上が、各サービスの口コミからピックアップした、悪い口コミの内容です。

それでは次の項で、悪い口コミからわかる真相についてお話します。

小学生のネット塾の悪い口コミからわかる真相!

では、悪い口コミからわかる真相についてお話します。

悪い口コミで語られている主な原因は、ネット塾では、強制力がないということです。

 

どういうことか?

 

ネット塾では、自分自身で計画を立て、積極的に取り組んでいかないと、誰も強制的に注意はしてくれないし、やらなくても誰も何も注意しません。

ですから、やる気のない子や、飽きてしまった子は、勉強をしなくなるのです。

これが、口コミからわかるネット塾のデメリットです。

 

この問題をクリアーにすれば、塾費の価格や安いし、高度な技術で勉強を教えてくれるし、きっと成績も伸びるはずです。

ではどうすればいいのでしょうか?

次の項で、ネット塾の賢い授業の受け方についてお話します。

ネット塾の賢い授業の受け方について!!

 

ネット塾で問題なのが、気持ちの切り替えです。

たとえば、学習塾の場合は、家から、学習塾へ移動します。

移動するという行為が、気持ちを切り替えてくれるのです。

 

ネット塾は家で授業を受けます。

いつもの勉強部屋で、ネット塾をやるでしょう。

ここでのポイントが、気持ちの切り替えができないことです。

 

では、どうすれば?

 

ネット塾をやる時は、できるだけいつもの勉強部屋じゃなく、リビングや、ダイニングといった、環境が変わったところでやりましょう。

 

そうすることで、気持ちの切り替えができるのです。

部屋がなければ、座る位置を変えるだけでも違います。

いつのも勉強と、少しでも環境を変えた場所でネット塾をやりましょう。

 

次に問題なのが、自分で勉強の計画を立てられないことです。

小学生のお子さんには、ちょっと難しいかもしれません?

ですから、できるだけ親がそばにいて、勉強の計画のアドバイや注意など、塾で勉強している間は、できるだけ監視するようにしましょう。

 

特に小学生の場合は必須かもしれませんね。

 

ネット塾には、子どもが勉強した範囲や、どんな内容を勉強しているのか、また、どん内容でつまずいているのかを、チェックできる機能がついています。

ネット塾を続けていくには、そういった機能を活用しないと、長続きしないようです。

 

そこで、おすすめなのが、「スタディサプリ小学生講座」です。

「スタディサプリ小学生講座」は、親が子どもの勉強の進捗情報が確認できるシステムが備わっています。

ですから、今どんな勉強をしているのか、サボっていないかがわかります。

もし、ネット塾を始めようか悩んでいる方に、一度体験してみては如何でしょうか?

「スタディサプリ小学生講座」では、14日間の無料体験を実施しています。

もっと詳しく「スタディサプリ小学生講座」について知りたいなら!

こちら→「なぜ「スタディサプリ」が小学生のネット塾で選ばれているのか?」





このページの先頭へ